IPv6対応しました、という話

 どうも、萌乃さんです
言いたかったのは表題の件だけです よっておわり

というわけにもいかないので、詳細をちゃんと書きます

表題の通り、このサーバーへのIPv6アドレス付与が完了しました
アドレス付与および通信経路は無料で利用できるところとしては最大手の
Hurricane Electricさん(http://www.he.net/)のサービスを利用しています
IPv6 Tunnel Broker(http://tunnelbroker.net/

自宅からの経路で説明すると、自宅のルーターIX2015にHEの6to4サーバーへのトンネル設定を追加し、HEの東京サーバーからインターネット上に出る、といった感じです

今使ってるLivedoorプロバイダ(VECTANT)は、以前はHEの東京サーバーへの国内経路がなかったらしく日米往復で通信してて実用的ではなかったのですが、いつの間にか国内経路ができたようでレスポンスが劇的に改善しました
というか/64をポーンと付与してくれるとかどんな神ですか・・・

つーことで、大きなデメリットもなくIPv6/v4両対応となりました
IPv6アドレスはこのサイトドメインのDNSで解決して確認してください
今のところIPv6でアクセスしても何も変化ありませんが、そのうち何かしら変化をつける予定です

■おまけの告知
近いうちに、Webユーザーサポートページをリニューアルします
メンテナンス告知等の履歴をちゃんと作りたいので、Blogに似た形式にする予定です

そんな感じの

モバイルWiMAX使ってみたまとめ

どうも、萌乃さんです
色々ありすぎて参ってたので、引きこもっておりました
落ち着いた気はしますが、本格的に身の振り方考えます

さて、ツイッター上で散々書いたWiMAXですが、先日解約したのでレビューをしようかと
様々な環境で使って長所短所分かってきたので

■はじめ
契約したのは去年の1月末、機器が届いてサービス利用開始が2月初旬です
当時はBiglobeが機器0円、初月無料、1年利用でキャッシュバック13000円という条件だったので使ってみるかーと
(今はキャッシュバック12000円になってるみたいですが、他の条件は同じみたいです)

利用端末はNECATのWM3500R、Wi-Fiルーターで連続通信8時間と長く、NECのルーターを使い慣れていたのでこれで

 
端末本体は大きめですが、角が大きく丸まっているのであんまり気になりません
届いて初回、自宅でのスループットは下り12Mbps、上り900kbpsくらい
妙に上り遅いなーとは思ってました

実はほぼ同時期にWiMAXモジュール搭載PCを購入し、YAMADA Air Mobile WiMAXを同時契約してました
(契約月無料、同月内の解約には解除料無料という条件だったので)
そちらでは下り20Mbps、上り3Mbpsくらい出てました
調べる限り、WiMAX搭載PCのほうがアンテナ感度が良く、接続がいい場合が多いとのこと

で、両方持ち歩いて接続性の比較をしていたのですが、確かに搭載PCのほうが繋がりやすいことが多かったです
WiMAXモジュールの最大速度は下り20Mbps、上り6Mbpsなのですが、前述の通り電波状況のよい環境では下りが理論値出ることも珍しくなかったです

というよりルーターは「持ち歩いて使う」という用途に関していろいろ問題が

■移動中よく切れる
通勤電車内でルーター使ってると、よくWiMAXが切断されることに気付きました
自分は京浜東北線沿線住民なのでそのあたりで言うと、

上中里駅近辺(ホームに入る前)
上中里-田端(田端寄り、新幹線操車場の横)
鶯谷駅前後(日暮里-上野でランダムに)
で切断されることが多かったです特に上中里駅
上で挙げた場所は電波が弱いみたいで、ルーターを入れる位置を変えたりもしましたが状況はそう変わりませんでした
というかルーターを電車の窓に密着させても状況は同じでした

WiMAXは元々端末を固定して使うFWAで、派生のモバイルWiMAXも規格上基地局の切り替え、いわゆるハンドオーバーが苦手です
なので、電波が弱いところ、基地局の設置が疎なところではうまくハンドオーバーできないことも多いのです
規格上の設計値は120km/hなので通勤車両の速度では範囲内ですが、実際切断が多かったので電波強度との関わりもあるのかと
まだ基地局整備途中なので仕方ないといえば仕方ないですが

■iPhoneの仕様との干渉
で、ちょっとWiMAX自体からは外れるのですが、当時のiPhoneのWi-Fiでは、Wi-Fi自体は接続していてもパケットが通らなければ、Wi-Fiを切断するまでパケットを流さずに(確認せずに)通信不可能と返す仕様でした

ルーターでWiMAX側が切断された場合、Wi-Fiは繋がっているので
iPhoneからパケットがネット上まで通らない

iPhoneが通信不可能と返す

再度通信しようとする

iPhoneは確認せずに通信不可能と返す

WiMAX側の接続が回復するのを待ってiPhoneの設定からWi-Fiをオフ、後オンしてWi-Fiの再接続する

再度通信してくれる

ということですっごい面倒でした

これが切断されるたびにツイッターに「また切断した」と書いてた理由です

※ちなみに今は(iOS5から)その仕様は変わったみたいで、通信不可能と返してから1,2分後には再度パケット流して確認してくれるようです

なんでiPhoneも3G持ってるのにWiMAX使うのか、というのに関しては後述します

■WM3500Rの不具合
あと、WM3500Rで不具合に遭いまして
簡単に言うと「端末のLED表示は通常なのにうまく通信できない」、というもの
Wi-Fiは繋がっているのでWiMAX側か内部処理が悪いかでしたがどちらかまでは分からず

この症状は特定の場所で起こるというものでもなく、いつも起こるわけでもなかったので出たときにはかなりイライラしました
発生頻度としては電源投入10回に1回から2回くらい、わりと高頻度です

勤務先周辺、自宅、旅行先でも発生してましたので、多分内部処理なんだろうかとは

これに関してはBiglobeのサポートに問い合わせしましたが、解約の結論を出していた後だったので特に進展もなし

■Biglobeのはなし
前述したとおりプロバイダ(MVNO)はBiglobeです
Biglobeで接続するとリモートホストにはBiglobeのものが表示されます
当たり前かと思われますが、WiMAXの場合は自前の通信経路を持たない事業者も多く、リモートホストに本家UQのものが表示されることも多いです
YAMADA Air Mobile WiMAXもUQリモホのほう
どちらがいいか、とは一概に言えませんが独自リモホの場合は同じ通信経路に別サービスのデータも載せているので通信経路次第で大きく変わります
Biglobeの場合は速度不満はそんなになかったのですが、しいて言うと海外経路が弱いかなーと
米国のサーバーからの転送がどうやっても2Mbps以上出なかったので・・・

あと、BiglobeのWiMAXはUQ本家にあるようなオプションはありません
機器追加オプションもありませんし、付随する優先度設定等もありません
ついでにUQ Wi-Fiも使えませんし、1Dayのようなプリペイドもないです
ファミ得パックはあるようなので2回線目の契約は若干安くなりますが、ねぇ

恥ずかしながら、契約時機器追加オプションは当然あるものと思い込んで契約し、その後ないことを知り面食らいました
ツイッターで機器追加の話をしたらご指摘いただき知りました
その節はお世話になりました
ということで、機器追加を画策している方にはBiglobeは真っ先に対象外となります

分かって契約しましたが、個人的にマイナスなところが一点
ルーター契約するとクレードルは付属しません
期間限定でクレードルプレゼントしてたみたいですが、やはり最初からつけて欲しいかなーと
(価格com経由での申し込みでは対象外だったのでしょうか、少なくとも私は申し込んだのに届きませんでした)


一日使って充電しようとしたとき、やはりクレードルはあったほうが便利です
特にWM3500R(WM3600Rも)のクレードルは良くも悪くもつくりがちゃちで、外れやすい分取り付けも簡単です
クレードル側に有線LANポートついてるのでyoutube対応テレビに繋いで動画見るくらいのことはできます
固定回線の置き換えという気はなく自宅では光使えよということかとは思いますが、せめて申し込みページで同時注文できればうれしいなと思います

■速度とレスポンス
さて本題へ
固定設置だと速度は結構出ます
自宅では机の端に置くと一番電波状況が良いらしく、下り21Mbps、上り1.5Mbpsほど出てました
ですが、ルーターの設置方向に敏感らしく、同じ場所でルーターを90度回転させると下り10Mbps以下に落ちます
アンテナの配置上仕方ないのかなとは思いますが

ちなみに分解写真はこちら



フタにアンテナが

簡素なつくりです
よく考えられている、とも言えます

移動中にも下り1Mbpsを切ることはなく、ハンドオーバーのタイミングで1.5Mbps程度に落ち込むことがあるくらいでわりと安定していました

レスポンスは数値で言うとW-CDMAと同じくらいです
静止環境でだいたい70ms~140msくらいのping値(自宅鯖にping投げて測定)
ですが、各社3Gと比較して逼迫していないのとスループットのおかげで体感は3Gより早いです
特にSBM回線(というかiPhone)と比較すると体感でかなりの違いがあったのでWiMAXを使っておりました

■場所による繋がりやすさ
23区内ではほとんどどこでもつながる感じですが、前述の通り電車移動中に電波弱くなるとつらい印象です
歩いて移動する分には全く問題なさげ

鉄道沿線の整備状況は関西のほうがいいみたいで、先日旅行した際も東海道線の新快速でほとんど途切れずでした

地下は整備進んでないみたいで、都内では三田線の一部駅で使えるようになったり、東京、渋谷の地下街で利用できるようです

■解約時の話
BiglobeWiMAXの解約についてちょっとだけ書いておきます
解約時はサイトでの手続きだけで完了します
特に書面送付もないので楽ですが、一点だけ注意事項が

Biglobe自体の解約手続きは「当月25日まで受付、当月末解約」です

WiMAXサービスのほうは月末まで受付しているのですがBiglobe自体は25日以降の手続きだと来月末解約となるのでご注意ください

解約の後、WM3500Rは再利用可能です
つまり、他事業者含めて再契約可能です
MVNO事業者によっては(Niftyとか)事業者から端末を購入すると解約後の再契約ができないところもありますが、Biglobeから購入した端末はちゃんと統合ポータルに行けるので大丈夫そうです

■まとめ
使ってみての印象ですが、家庭やオフィス、喫茶店等で使うのが主な方にはいいサービスだと思います
利用可能エリアも広がり、速度も出ますし年間パスポートだと安いので
下手なADSLより速度が出るので、固定回線の置き換えにも使えるかなと
(クレードルあればなお良し)

ただ、都内の電車移動だとどうかなーといったところ
地下鉄は現状ほぼダメですし、電波弱いとハンドオーバー失敗して切断します
もちろん3Gでも切断するときはありますが、WiMAXはエリアを広げてる最中なので現段階では、ということです

主観ですが、都内では道路沿いが強い印象があります
2月に自動車内で利用してGoogleMap使ってたときは全く切断がなかったので・・・

今買うなら機種はNECATのWM3600RかシンセイのURoad-SS10、ネットワークコンサルティングのMobile Cubeあたりかと
通信可能時間が長く、今までのものより小型になっているので持ち運びも楽です
あとはDATA08Wというau3Gとの両対応端末、WiMAX未整備エリアでも使いたいという方向け
※WM3500Rは先日最新ファームウェアが公開されております
更新内容は「WiMAXの接続性向上」とのことですが、恩恵に預かる前に解約してしまいました
そのうちUQ 1Dayあたりで検証してみる予定です

個人的にはWiMAX2がサービスインしたら再度考えようと思っております
WiMAX2は速度もそうですがハンドオーバーの設計値が340km/hになっており、よりモバイル向けになるとのことで期待しています

そんなわけで、1年間お世話になりました

ほかに気がついたことがあれば追記しますが、だいたいこんな感じです

スマホのベンチマーク

 どうも、再度萌乃さんです
前回4S買ったという話を書きましたが、4からどのくらい速くなったのかと思いまして比較してみました
ついでにうちにあった他のスマホも引っ張り出してみて比べてます
画像ないので眉唾かもしれませんが、一つの指標として見ていただければ

■測定環境
使用ベンチ:SunSpider JavaScript Benchmark
ブラウザベンチなので、グラフィック性能の比較にはなりません
CPUスペックとブラウザ処理性能での比較となります
処理の所要時間での比較なので、数値が小さいほうが速いといえます

全てバッテリー駆動での比較です
実際の運用時を想定しないと意味がないと重い、あえて電源接続にはしていません
バッテリーはフル充電でのチェックです

それではどうぞ

■iPhone4
CPU:Apple A4(Cortex-A8ベース)800MHz
メモリ:512MB Mobile DDR SDRAM
OS:iOS5.0
使用ブラウザ:Safari

結果:平均3564.5ms
(3584.7/3530.5/3596.8/3532.2/3578.3の5サンプル)

■iPhone4S
CPU:Apple A5(Cortex-A9ベースDualCore)800MHz
メモリ:512MB Mobile DDR2 SDRAM
OS:iOS5.0
使用ブラウザ:Safari

結果:平均2218.32ms
(2245.1/2224.6/2210.4/2206.8/2204.7の5サンプル)
デュアルコアになっているのと、メモリが地味にDDR2になっているのが効いているのかな・・・
数値上1.6倍速くらいになってます

では他のデバイスの結果も

■iPhone3GS
CPU:Samsung S5PC100(Cortex-A8ベース)600MHz
メモリ:256MB Mobile DDR SDRAM
OS:iOS4.3.5
使用ブラウザ:Safari

結果:平均5326.7ms
(5261.4/5295.9/5327.7/5371.9/5376.6の5サンプル)
周波数的には4の25%ダウンなのですが、数値では30%強ダウンの結果になっています
OSバージョンが違うのでブラウザ側の性能も違うのでしょうか・・・

■iPad2
CPU:Apple A5(Cortex-A9ベース)1GHz
メモリ:512MB Mobile DDR2 SDRAM
OS:iOS5.0
使用ブラウザ:Safari

結果:平均1793.84ms
(1802.7/1785.5/1774.5/1812.4/1794.1の5サンプル)
4Sと比べてCPUが若干速いので、その分処理も速い感じでしょうか

■MEDIAS N-04C
CPU:Qualcomm Snapdragon MSM7230 800MHz
メモリ:512MB
OS:Android 2.3.3
使用ブラウザ:標準ブラウザ

結果:平均5257.32ms
(5102.4/5096.1/5343.6/5293.2/5451.3の5サンプル)
このベンチ結果だけで言うとAndroidは処理重いのかなと思うのですが、実使用ではサクサクなので一概に比較できないのかもしれませんね
ChromeとかOperaとか別ブラウザだとまた違うのかもです

■IS01
CPU:Qualcomm Snapdragon QSD8650 1GHz
メモリ:256MB
OS:Android 1.6
使用ブラウザ:標準ブラウザ

結果:平均19789.1ms
(19839.5/19819.7/19736.4/19832.0/19717.9の5サンプル)
これは重いと言わざるを得ません、が、OSが1.6なのでアプリの動作方法に違いがあります
全体的な動作もどことなくもっさりしているので、1GHzのCPUが勿体無いなーとか思ってみたり
#Wikipediaさんにアプリ用モデム用共用、って書いてあるんですがこれってなんぞ?

■HTC EMONSTER S11HT
CPU:Qualcomm MSM7200 400MHz
メモリ:128MB
OS:Android 2.2(!)
使用ブラウザ:標準ブラウザ
WindowsMobileのIEでベンチが動かなかったので、急遽Android立ち上げてやってみました

結果:平均83261.1ms
(82214.0/83725.4/83843.9の3サンプル)
旧機種なのでどのくらいかなーと思っていたら、案の定激遅でした
軽量化等々しないと実用に耐えない構成なので、オマケとしてみてください

そんなわけで、上記のような結果となりました
AppleのiPhone4S製品ページには「最大2倍のパワー」とありますが、少なくとも1.6倍くらいにはなってます
それ以外にあんまり変更点がなくてぱっとしませんが、判断材料の一つにしてもらえればー

いろいろ買った話

どうも、萌乃さんです
間の悪いことにお休みなので、日記でも書いてみようかと
最近になってサイトにツイートのまとめを掲載するようにしておりますので、多分記事が流れるのがすごく速くなるはず
どう見ても手抜きです本当にry

■iPad2買った

発売直後から散々購入を検討しておりましたiPad2ですが、今月初めにやっと購入しました
16GBのWiFiモデル
電子書籍リーダーとしては解像度が足りないような気がしますが、漫画やイラストを眺める分には問題なさそうです
購入した数日後に3Gモデルが通信料無料からって言われて半泣きですが

唯一、重いのは欠点かと
うちのキッチンスケール測りで603gあるんですが、手近にあったまんがタイムきららでも300gないのでかなり重いほうじゃないかなーと
しかも雑誌書籍と違ってめくる際片手持ちになることが多いので、その間片手で600gを支える必要があります
もうちょっと軽ければ書籍端末としては敵なしなのではないでしょうか・・・

■MEDIAS買った

2.x系のAndroidが使ってみたかったのです
悪い癖です
ということで、気になってたMEDIASことN-04Cが安くなってたので購入
機種変更一括で5000円くらいでした
ポイント使って実質3000円くらい
iPhone4より薄いのにワンセグからGPSからFeliCaまでついてる謎機種です
アップデートで2.3.3になるので、今2.2の人はアップデートするとよいよいよい
※9/20のOSアップデートした人で、docomo以外のSIM使ってる人はアップデートしないとよいよいよい
(SIMロック実装されました)

実はうちに隠し持ってたEMONSTERに2.2入れて遊んでたのですよ
ですが、EMONSTERさんも今となっては明らかにスペック不足になってきたので現行機で使ってみたいなーということで

とにかく薄くてカッコいいのです
どこに基板入ってるんだろう、と心配になるくらいに
N-04Aのときもそうでしたが、NECの設計は頭おかしくて最高です

使用感ですが、カスタマイズしなければiPhoneとあんまり変わらないなーと
細かなお作法の違いはあれど使い方はほとんど変わりません
WiFi利用時の挙動については確実にiPhoneより上・・・これは近いうちに別記事で書きます

欠点を挙げるとすれば、ハードウェアキー(本体下端についてる3つのキー)が下すぎることでしょうか
微妙に押し辛い・・・
これに関してはデザインとの兼ね合いもあるので仕方ないのですが、欲を言うともうちょこっと上に欲しかったのです
#後継機のMEDIAS WP(N-06C)はハードキー(タッチセンサー)が下端から移動しましたが、代わりにデザインがちょっとモサッとしたと感じるのは自分だけでしょうか

■iPhone4S買った

あんなに様子見って言ってたのに!!
ということで「SはスティーブのS」とか言われてる4S買いました
64GBの黒

見た目4と同じなので言われないと気付かない気がします
保護シート等のアクセサリも同じのが使える模様
ですが中身はまるで別物です
デュアルコアのおかげでとんでもなく速くなってます
iOS5の重さに辟易していたのですが、4Sにしてやっと「iOS5は4S用のOSなんだなー」と理解できました
そのくらい別物

4ユーザーでiCloud使わない人はiOS5にアップしないほうがいいと思うんですよ

そんな感じの
相変わらずです

サーバー変更、設定変更の話

 どうも、萌乃さんです
先日は台風で開店休業でございました
早く店閉めてもいいのにねぇ・・・と思いつつ、趣味の調べものしておりました
役得っ

さて、もう結構前の話になるのですがサーバーを変更しました
正確にはケース流用で中身が変わっております

変更前→変更後
CPU:AthlonII X4 605e → 同615e
M/B:ASUS M3A78-EM → MSI 785GM-E65
RAM:DDR2-800 8GB → DDR3-1333 16GB
HDD:WD5000AAKS×3 → WD5000AAKX×3

つーことで、メモリが激安だったのでメモリバカ積みのマシンになりました
というのも、変更前にちょうどApache Killer(CVE-2011-3192)という問題があってご他聞に洩れずうちのサーバーも落ちまくっておりました
そのときにせっかくだからと実験してて、その結果がメモリ積めるだけ積んだマシン、ということです

「Apache Killer食らうとメモリ使用量が超増える」

「じゃあ食いきれないくらいメモリ入れればいいんじゃね?」
みたいな

みたいな

・・・
で、結果としては大満足です
OSバージョン等はいじってませんし、使用してるサーバーソフトもバージョン以外は変更ありません
が、明らかに動作軽くなってます
きっとファイルのキャッシュ領域が大きくなったからかと・・・

そんなわけで、より高負荷に耐えられるようになった(気がする)サーバーです
仲良く使ってね

■次
そのサーバーですが、本日OS自体とPHP周りの設定を変更しました
OSは気付いたらCentOS5.7が出てたのでyum update一発で更新
Apacheも2.2.21になりました

メインはPHPの設定変更
キャッシュエンジンの変更です
今まではPHPの中間コードキャッシュにeAcceleratorを使っておりましたが、eAcceleratorだと一部phpスクリプトと相性起こしてセグっちゃうという話を聞き、一応他の環境で比較した上で別エンジンに変更した次第です
今はどうなのか知らないですけどね

変更先はAPC、PECLで入れてあります
見る限り挙動に問題なし、応答もeAcceleratorとほぼ変わらずなので、正直に言うと利用者側に恩恵はありません
レスポンスにちょこっと影響が出るくらい
一応スクリプトの更新は見にいく設定にしてますが、問題あったら連絡ください

ついでにここだから書きますと、今のところこのサーバーでの目標は
.htmlと.phpの応答レスポンスを同等に持っていく
ということです
利用者(自分含め)にWordpress使用者が多いので、閲覧者側から見て「このサイト重くね?」とはならないようにしたいのです
以前、サーバー資源が少なかった頃はメイン機犠牲にして実験したりしておりましたが、今は有難いことに実験機も組めたのでそこでの結果を公開用サーバーに反映させていければ、とか考えております

そんな感じの
時計鯖も近いうちに再構築する予定で、にわかに充実しております

回線環境の話他

 どうも、萌乃さんです
大変お久しぶりです

最近は休みの度に出かけては脱出準備をしていたのですが、7月と8月はずっとこんな感じみたいです
もう・・・レモンケーキになりたい
というかじっくり帰省したい

さて、表題の回線環境ですが、先日やっとコア部分のケーブルを交換しました
その前にうちの環境のおさらい(自分用)
ONUからルーターの間に、セッションを分岐するためのGbEスイッチが入っています
サーバー系の通信(LivedoorをIX2015終端で利用)と、家庭内の通信(PlalaをWR8700N終端で利用)に分けるためです
で、各ルーターからメインの16ポートGbEスイッチに配線してる、というどこにでもある構成です

んで、今回交換したのがONUからGbEスイッチの間に入ってるケーブル、50cm
これをCat.7に変更しました
Cat.7じゃなくても良かったのですが、どうしてもSTPケーブルを使いたかったのです
(今はCat.7が増えてきて、多分STP買うより安いんじゃないかなーとか思ったり)
ONU周りが電源タップの至近にありノイズが気になっていたので、ノイズ対策の意味とONUへの簡易的なアース設置の意味もありさくっと変更

変更後ふと速度測定すると、フレッツ速度測定の数値が倍になりました
フレッツ速度測定結果
変更前:320Mbps→変更後:708Mbps
ノイズすごかったんだなーと・・・

そのうち隙を見つけて、同じような状況の他3本も交換する予定です
STPは対応してない機器に繋ぐと逆にノイズ増えるみたいですが、ちゃんと確認してるので大丈夫なはず
もっと安定する・・・はず

で、次は別の話です
というかコミケのこと
今回も3日目に行こうとは思っているのですが、ちょっと立て込んでいるので行けるか微妙な状況です
全開のコミティアには結局行けなかったのでいろんな方にお会いしたいのですが・・・
状況変わったらまたお知らせしようかと

#2日目っておいしいのん?

そんな感じの

おしらせ

 どうも、萌乃さんです
世間はゴールデンなウィーク!(ジェレミーの「スウィート!」の発音で)らしいです
え?休日?何それは?

さて、前回お知らせしてた分散鯖を稼動させましたのでお知らせです
利用方法とか環境とかお伝えします

■概要
いわゆる、大きめなファイル置き場です
各所で運用されているアップローダーみたいなものと考えていただければ
メインの鯖に置くとヤバい(転送量的な意味で)データを公開する時に使います
ので、ユーザーが自発的に使うというよりは、管理者(私)がヤバいと感じたら分散を「お願いする」、というのが多分正解です
もちろん何かの配布に複数のソースとして利用しても構いません

■環境
今は東京23区内で1台運用しています
メインのWeb鯖とは別回線に置いてます
スペック詳細は前記事参照で
アップロード速度は頑張れば80Mbpsくらい出るみたいです
UPSはついてないので、不慮の事態はあるかもしれませんが、まぁきっと大丈夫
そのうちUPSつけます
OCNを利用してるので転送量制限が気になるところではありますが、ある程度割り切って帯域制限することにしてます
試験運用なので今は1台ですが、状況がよければ都内にもう2台、後は西日本に1台置く予定です

■利用方法
アップローダー式とどちらにしようか散々迷いましたが、メールでの個別確認にすることにしました
児ポとかそのへん含め、かなり厳しいご時勢ですので・・・
利用したい!という奇特な方は
monoあっとlowfreq.info(あっと→@に置き換えのこと)
までメールもらえれば追ってアドレスやアップ用のID/PASSを発行します

と言う感じで
よろしくお願いします

四方山話

 どうも、萌乃さんです
どうやら大変忙しいみたいで、ちょっと限界が近いです
まぁなんとか

さて、今日はただの日記です
VoIPアダプタ用のコンデンサ買いに行ったとか、そのへん

自宅と家族で無料通話をするべく、昔からVoIPを使っています
ADSLのときはVoIP内蔵モデム、光になってからはVoIPアダプタ使ったりしてかれこれ10年弱・・・
自宅では加入線を使っていないのでRT57iとかRT58iとかとっかえひっかえして遊んでましたが、加入線との共存が難しく実家では実践投入できず
つーことで、もっぱらVoIPアダプタを使っています

で、このVoIPアダプタがまた曲者でして、設計がかんなり糞いわゆるshitなので安心して使うにはちょっと大変な機種です
アナログ系とデジタル系で1つのベタGNDを共有してるとか、どうにも電源周りがやっつけな気がするとか、なんだあの斜め実装!(迫真)とか・・・
さらにコンデンサもしょっぱいのを使っているので、環境によってはハーイする可能性があるのかと

ということで、今回コンデンサの交換に至ったわけです
自宅含め実は3回目

初期状態で使ってるコンデンサは1本除いてG-LUXONの105℃品
25V 100uF×3
25V 220uF×3
25V 680uF×1(SANWHA)
100V 100uF×1
35V 330uF×1
といったところです
680uF以外はどこでも手に入るのかな

で、さくっとニチコンのものに交換
はんだシュッ太郎超便利
680uFはなかったので1000uFにしてあります
平滑用なので容量は厳密じゃなくても多分大丈夫

もちろんGNDの糞仕様があるのでこれでも信頼はできませんが、少なくとも自宅では交換後トラブル起こったことないので一定の効果はあるのかと
(交換前は稀にフリーズしてた)

WebCaster V130がもうちょっと安くなればそっちに移行したほうが幸せになれる気はしていますが、本当にVoIPアダプタ機能だけあればいいのでこれでいいです
設計がマトモな単機能VoIPアダプタが出てくれると個人的には嬉しい
OCNドットフォンでレンタルできるアダプタはどうなんだろう・・・

と、そんな感じの雑記です
分散鯖は20日設置予定、月内稼動予定です
よろしくお願いいたします

rim.bne.jpからの移行進捗およびサブサーバー設置のお知らせ

 どうも、萌乃さんです
タイトル通り、進捗とかのお知らせです

■rim.bne.jp→web.lowfreq.info移行進捗
DDNSアドレスの廃止に伴って、3/21にhttpdのコンフィグ変更を行いました
現在は該当利用者のサイトトップにアクセスすると自動的にリダイレクトするようにしております

で、当初3/31でDDNSサービス終了となっておりましたが、4/5現在もアクセスできております
いつまで有効なのかは分かりませんが、JSPEED様のサービス終了までは現状維持でいこうと思っています
rim.zenno.infoに関しては予定通りに進捗しておりますので、7/31にDDNSアドレス全廃、とする予定です

お手間、お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします

■サブサーバー設置(予定)のお知らせ
トラフィック分散とコンテンツ拡充のために、都内にサブサーバーを設置することにしましたのでご報告します

設置場所:東京都内(23区内)
回線種別:NTT東日本 フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピード
プロバイダ:OCN
終端:NEC WR8500N
利用開始日:4/20
OCN利用なのでアップロード30GB/day制限がありますが、予想トラフィック上では制限を超えることはないと思われます

設置サーバースペック
CPU:Intel Atom D510
RAM:2GB
SSD:64GB(320GBのHDDと比較検討中)
NIC:100base-TX

主な用途はWebサーバーの遠隔バックアップとicecastサーバー、および静的コンテンツ配信です
利用方法、利用に際しての基準等は設置完了後にお伝えします

年内には西日本にもサブサーバーを設置する方向で動いています
東西でコンテンツの同期等、各種実験を行う予定です

よろしくお願いいたします

サーバーの現状および今後について

 平素はうちのサーバーを使っていただいて、ありがとうございます
堅苦しいタイトルですが、要はDDNSアドレスの廃止の話とかです

■DDNSアドレス廃止について
2011/03/31で、今使っているrim.bne.jpが廃止になります
これはDDNS提供会社であるJSPEEDからの通告によるものです
これに伴い4月よりこのアドレスが利用できなくなるため、該当ドメインを利用しているサイトのアドレスを順次変更いたします
また、同時に利用しておりますrim.zenno.infoに関しても、アドレスの変更を行います(こちらは併用いたします)

予定日時(最大1日ずれる可能性があります):
03/18:*.rim.bne.jpから*.web.lowfreq.infoへのリダイレクト開始
httpdの設定変更によって、該当アドレスへのアクセスをリダイレクトします
rim.bne.jp/~*形式のアドレスに関しては、一律に*.web.lowfreq.infoに更新いたします

03/21:*.rim.zenno.infoと*.web.lowfreq.infoの併用開始
httpdの設定変更によって、該当アドレス”の利用を開始します”
旧アドレスと新アドレスは同時に使うことができます
rim.zenno.info/~*形式のアドレスの扱いについては、前述のbne.jpと同様とします

03/31:*.rim.bne.jp利用最終日
この日を持って、*.rim.bne.jpからのアドレス変更を完了します

07/01:*.rim.zenno.infoから*.web.lowfreq.infoへのリダイレクト開始
それまでの期間を告知期間とし、この日からリダイレクトを開始します
サーバー側でアドレスの書き換えを行います

07/31:*.rim.zenno.info利用最終日(予定)
この日を目処に、DDNSアドレスを全廃する予定です

急なスケジュールではありますが、円滑な移行のためご協力をお願いいたします

■サーバーのリプレース時期について
現在、新サーバーのスペック選定、および付随機器の精査を行っています
具体的には、WebサーバーとDBサーバーを分けた分散方式にする予定です
リプレース時期を漠然と6月以降、と考えておりますが、後にずれることも考えられます
リプレースの前にはまたこちらでお伝えいたします

■ストリームサーバーの設置
別の場所に回線および電源を確保することができるようになったので、Icecastを使ったストリームサーバーを実験設置することにしました
3月中旬より西日本に1台、4月上旬より東日本に1台の設置となります

利用されたい方は個別対応となりますので、メールやTwitterのダイレクトメッセージ等でお知らせください

長々としたお知らせですが、何卒よろしくお願いいたします