旅行にっき4月号

どうも。
連続ではありますが、実は4月にも旅行に行ってきました。
のでだらだら書きます。
やたら長い!

■1日目
夜中の羽田空港
いきなり羽田空港ですね。
仕事が終わってから家で準備して終電で来ました。

あっ
タイガーエア
ということで、我慢できなくなったので台湾2回目でございます。
LCCの便が朝4時台に出るので、終電で空港に来て時間まで寝てる道を選びました。

桃園空港
いきなり到着、タイガーエアは桃園空港の第1ターミナルに到着するのですが、1タミは施設があまり多くありません。
着いた時間が早すぎてSIMカードすら買えないので第2ターミナルに移動します。
写真ないけどSIMカードは3日間データ無制限+通話100TWD分がついて300TWD(だいたい1000円ちょっと)でした。
自分で調べる旅行の場合は現地でスマホ使えると超捗るのでSIM買うといいです。

おでん
第2ターミナルにあるセブンイレブンで朝からおでんを食う。「かんとだき」かな?
コンビニおでんは普通のおでんぽい汁と赤くて辛い汁があります。これは辛いほう。
おでん種はひとつ15TWDとか20TWDとか。おにぎりとか弁当とかも売ってます。

泡麺
これはコンビニのカップ麺の一角。とても日本です。
プライスレールのところに「第2件6折」(2つ目の商品が4割引)とあるとおり、コンビニでも値引きが結構あります。

で、軽く食べたら空港からバスで台北駅まで移動。90TWDでした。
通常は60分くらいで着くと思うのですが、この日は高速が渋滞してて90分以上かかりました。

ホテルが光華商場に歩ける範囲だったので、荷物を預けてから見に行こうとしたんです…
光華商場(休み)
まさかのビル休館日。
ということで、その足で地下鉄(MRT)乗って西門へ。
麺線
阿宗麺線の小、50TWD。香菜は苦手なら抜くこともできます。
鰹だしが効いてるやさしい味です。呑んだ後に食べたら最高だろうなといつも思います。

焼肉教室
西門のはじっこで発見。焼肉教室。
焼肉という文字を見るとこの動画が浮かんできます。
【味全TV】烤肉學園之小當家的逆襲 ←YouTubeなので音出ます

駅名
板橋と府中。漢字文化だからなのですが、台湾には日本っぽい地名が多いです。松山とかもあります。

西門から一度ホテルに戻って、夜に士林夜市へ。

実は士林夜市はほとんど写真撮ってません。
というより今回ごはんの写真ほとんど撮ってない…
今まで饒河街夜市とかは行ったことありましたが、士林は他の夜市と比べて規模がすごく大きいです。
あと人がめっさ多いです。
地下に食堂が集まってるところがあって、そこで牛肉麺とか魯肉飯とか空芯菜の炒め物とか牡蠣オムレツとか食べてました。
メニュー指差しでも注文できるからわりと安心だと思います。

■2日目
今回泊まったところは朝食があったので朝はホテルで。
サラダがあったり魯肉飯あったりで結構満足。正直なところ、魯肉飯はここで食べたのが一番うまかった気がします。
あと、キノコの炒め物(具がキノコのみ)が個人的に好みでずっと食べてました。
ホテルのサイト→ 宣美精品飯店(シュンメイホテル)
自分が泊まったときは日本語では立ち行きませんでしたが、話せるスタッフの方もいるようです。
駅から遠め、目の前に高架道路があるのを除けばいいところでしたよ。

ごはん食べたらMRTで移動。
動物園駅
猫空(マオコン)に行きたくてロープウェイの駅まできました。
このロープウェイがとんでもないアトラクションでして。

ロープウェイ
いきなり乗った後ですが、全体で30分弱あります。
写真中央の建物内で大きく方向転換があったりで、ロープウェイの規模を超えているような気がします。

ロープウェイ
台北市街を一望。
中心地から1時間もかからないところにこれだけ自然があるのは良いことですね。

あ、猫空の写真が何故かありませんでした。
発掘されたら上げておきます。
天気がめっさ良くてぶらぶら歩いてたら日焼けしてヒリヒリしました。4月なのに。

で、帰りのロープウェイ。
水晶車廂
なんだこれは…(高所恐怖症)
ということで床がガラスになっている水晶車廂というゴンドラがあって、下の様子がはっきり見えるのが人気だそうです。
みなさん水晶車廂に並んでて普通のゴンドラはあまり人気なさそう。平日ですしね。
そんなわけで、30分ヒヤヒヤしながら乗ったのでした。

YouBike
動物園駅に戻ってきてからおもむろにレンタサイクルに。
台北市内には至るところに「YouBike」というレンタサイクルのステーションがあって自転車で走り回れます。
初回の登録にはeasycardと台湾の携帯番号が必要です。現地でSIM買うと携帯番号も付いてくるのでそれでOKです。
動物園駅は川沿いなのでぶらぶら走るには最高の環境でした。
車道走るときは右側通行なのでそこだけお間違いなく。

コンビニに行ったらこんな飲料が。
ミルクティー
中身は普通のミルクティーですが、容器がオシャレで目を引きました。
でも一度開けると密封できないみたいですよ(注意書きにあった)。

MRT20周年
MRTで中心部に戻ったら(たしか南京復興駅)台北MRT20周年の展示がありました。
一口にMRTといいますが、台北MRTは実に色々な車両が走っています。
だいたいは普通の地下鉄ですが、さっきまで動物園駅から乗ってた文湖線なんて丁度ゆりかもめみたいなゴムタイヤ式だったりします。

MRT20周年

MRT20周年
台北駅の地下ってこうなっているんですね。
そのうち桃園空港までのMRTも開業するのでさらに便利になりそうです。絶賛延期中ですが。

MRTついでで思い出したのですが、台北MRTのホームにはこんなモニタが付いているところがあります。
MRTの情報ディスプレイ
右側には広告とお知らせが流れていて、左側は行き先ごとの待ち時間と現在時刻が出ています。
ひとめで情報が分かるし、待ち時間につい見てしまっていい広告になるので日本でも導入してほしいと思ってしまいます。

移動中通りかかったコンビニにこんな貼り紙が。
募金
本当にありがとうございます。
高雄市を通じて熊本市に募金頂けるようです。経済交流していて、直行便もあり絆が強いのですね。

■3日目
朝から魯肉飯とキノコの炒め物ばっかり食べた後にチェックアウトして出かけます。
今回は2泊3日なの最終日ですが、台北はコンパクトにまとまった街なので全部回りたいとかがなければこのくらいの日程でよい気がしています。
回数を重ねるごとに慣れてくるので無駄なく回れるのではないでしょうか。

龍山寺
そんなこんなで龍山寺へ。台北最強のパワースポットとか言われています。
御参りには作法があるので事前に調べておくか人に聞きましょう。

信義の誠品
次は信義にある誠品書店へ。めっさ大きいです、というか本以外も色々売ってます。
上の階にはレストランとかもあります。
書籍の部門は赤字らしいのですが、台湾文化のために続けているという話を聞いたことがあります。

台北101
信義から歩ける範囲に台北101もあります。
前回(2015年10月)には台北101にも上りましたので、そのうち別記事で書きます。

光華商場
その後は初日に開いてなかった光華商場へ。秋葉原をご存知の方はラジオ会館、ラジオデパートを想像してもらえると近いです。
6階が修理センターになっていて、スマホカバーとか液晶保護シートとかもここにあります。

光華商場
アップルの(というかスマホやノートPC等の)バッテリー専門の店。
いわゆるモバイルブースターなんかも売ってました。

光華娘
光華商場にはイメージキャラクターがいまして、光華娘(グアンファーニャン)といいます。
各階にこんなPOPがあって、全て絵柄が違うという力の入れよう。
機会があれば他の階のも紹介します。

台北駅前のビル
これは桃園空港行きのバスを待ってるときに撮ったもので、台北駅の近くにもこんな古めかしいビルが建っていたりします。
台北全体そうなのですが、新しいものと古いものが絶妙に入り混じっているのがすごく心地よく感じるのです。

結局羽田に着いたのは日本時間で朝3時くらい、自宅に辿り着いたのが朝6時半くらいでしたので実質3日まるっと観光できたような日程でした。
色々な人と話して助けられて、旅行の醍醐味は現地の人と話すことだなと再確認しました。
また機会を見計らって行きたいものです。

自分用に買ったもの
あちらのライトノベルをいくつか買ってきたので、北京語を本腰入れて勉強する必要がでてきました。
いつか台湾の方と北京語でちゃんと会話できるようになりたいですね。

そんなわけで4月は台湾でした。
何度行っても飽きない街。

Posted: 2016-05-30
at 23:45 by 入江 萌乃


Categories: 旅行

Comments: No comments


旅行にっき3月号

お久しぶりです。
前回、旅行記を書くとしていたのですが全然書いてませんでした。
ので、3月のをまとめてだらだら書きます。

■スカイツリーとかいってきました
ちょうど機会があってスカイツリーとかを観光してきました。
エレベーター
展望台へのエレベーター天井がガラスで構造が見える。

東京タワー
さすがに高いから東京タワーもはっきりです。

すみだ水族館も
水族館
チンアナゴ

規模はそんなに大きくなかったですが、展示は凝ってて好印象。

で、その後浅草へ。

浅草寺を撮ってなかった…

江戸東京博物館にも



またの機会に1日かけてゆっくり見たいです。

■早矢仕ライス食べてきました
東京駅に行く機会があったので、丸の内オアゾにある丸善に行ってきました。
丸善の中にあるM&C CAFEで元祖の早矢仕ライスが食べられます。
店舗情報はこちら

早矢仕ライス
上品な感じです(語彙不足)。
スライスアーモンドがちょうどいいアクセントになってます。

レモンケーキ
デザートのレモンケーキが個人的に大ヒット。
レモンをくりぬいた中にレモンムースが入っていて、それを頂きます。
さらにレモンソースもついてきて適量かけて酸味を調整できるのですが、
レモンソースの酸味が丁度良くて満足でした。
また東京駅で降りる機会があれば行こうと思います。

そんなわけで、3月は小旅行でした。
都内に住んでても見る場所はたくさんありますね。

Posted: 2016-05-29
at 23:32 by 入江 萌乃


Categories: 旅行

Comments: No comments


いつの間にやら

年明けてました(ヒドイ言い草だ)。
ので、ここ最近のまとめです。

■Zyon(ザイオン)が楽しいです
iOS向けの音ゲー、Zyonに大ハマりしています。

Zyon
こんなの。レーテシアさんかわいい。
公式サイトはこちら(音出るので注意)。

Zyonモード
Pure(左)とDual(右)という2種のモードがあって、操作感がそれぞれ異なるので2度おいしい。
思わず全曲課金した上にバッジ(アプリ内課金全解禁するもの)にも課金してしまうという。
Pureはある程度できるけどDualが赤と青混乱してよくコンボ途切れます。
動体視力をください!

■メインルーターを変更しました
自宅のサーバー系管理のルーターをNECのIX2105に変更しました。
Routerboardでも良かったのですがやはりNECのコンフィグに慣れているのでNEC使いたかったんです。
あとやっぱりショートパケットに強いのがいいなーと思ったので。
PPPoEリンクは少し速くなっています。

■UPS入れました
超今更。
ルーター入れ替えた同日にUPSも導入しています。
昔矩形波出力のでひどい目に遭ったのでちゃんと正弦波出力です。

■またしても大阪に行ってました
1月末のこと。
なんであんなにエキサイティングな街なんでしょう。
何回行っても飽きませんが次回は天王寺動物園行きたいです。

■台湾行きたい病が出ました
元々そのうち再度行くつもりなのですが、それを待たずして麺線食べたい!!ってなってしまったので
新橋にある台湾麺線さんに行ってきました。

台湾麺線
こんなの
麺線と魯肉飯のセットですが、かなり現地の味そのままでとても救われました。
通おうと思います
でもさらに台湾行きたくなりました。猫空行きたい。

■PC入れ替えました
今までメインに使っていたi7-950ベースのマシンが先日起動しなくなることがあり、危険を感じたのでえいやと。
ヤバイと思ったが物欲を抑えきれなかった。
今度のはSkylake i7-6700ベースです。
今まではメモリを大量搭載してRAMディスクを作成、そこにキャッシュを置いて高速化していましたが、今回は普通にSSDで全部やっちゃっています。
PCではゲームやらないのでCPU内蔵グラフィックで、メインメモリへのUMAは置いといて最近のは普通に使えますね。
あとマザーがASRock Z170M Pro4Sなんですが、最近のASRockマザーってマトモなんですね(超失礼)。
以前はキワモノばかり出すイメージだったのですがこんなに立派になっちゃっておじさんうれしい。

■Raspberry PiのNTPサーバー更新しました
以前に書いたGPS使うNTPサーバーですが、RPi2が出たりOS更新されたりと色々変わったので最新にしました(今してます)。
ビルド手順が少し変わっているので詳細は別記事で。

そんな感じの。
今年は旅行に行ったらちゃんと旅行記を書こうと思います。

Posted: 2016-02-24
at 11:21 by 入江 萌乃


Categories: 日記

Comments: No comments


ここ最近のいろいろ

すごくお久しぶりです。萌乃です。
サイトの存在を忘れてたレベルで何も書いてませんでした。
てことで、適当に列記です。
下にいくほど新しい

■実家帰省してました
2月に実家に帰ったりしておりました。
福岡空港を使えばかなり早くたどり着けるようで新発見。
一時期、大阪まで夜行バス→残りを新幹線とかも考えていましたがマゾにも程があるだろと挫折してました。
早摘みデコぽんすは神の食べ物。

■回線をギガにしました
4月に勢いあまってフレッツのギガラインに変更。
今までサーバー向けに使っていたLivedoorがサービス終了するのに合わせてISPを変更する必要が生じ、
合わせて回線プランも変更するか、ということで。
通常の接続ではISPバックボーンの関係でそこまで恩恵はないのですが、
NGN折り返しが上下1GbpsになったのでVPN上のバックアップが快適になりました。
網内折り返しは超便利なのでみんな使うとよいよいよい(残響)
あ、メインルーターも変更してるのでサーバーから200Mbpsくらいは出ます。

■大阪京都に行ってました
6月の話。
普段は何かしらの仕事で行くのですが、今回は9割がた観光でした。
京都のお寺散策タノシス。
清水寺を端から端まで見たりと、完全に修学旅行の体。
夢を語れにも行きたかったのですが時間合わず断念、次回こそは。

■コミケでした
いつも通りに売り子参加。
カードスリーブこわい。

■コミトレでした
9月のコミトレにかこつけて大阪旅行へ。
タカアシガニ先輩を見に海遊館行ったりと、観光メインな感じで。
次回はハルカスにも行きたい。ハルカスのヘリポート見学ってまだやってるのん?

■台湾行ってました
10月、やっとこさ予定が合いまして、台湾旅行なんぞに行ってました。
ちょうど台湾の下に台風が停滞していたので飛行機飛ぶかな、と思いましたが何とかなった模様。
台北101やら九份やら夜市やらの典型的観光地と、ASUS本社前をウロウロしたりと、まあ不思議な旅行をしておりました。
そのうちまた行く。

\なんか旅行ばっかりしてる!/

そんな感じです。
今後はいろいろ書きます多分。

Posted: 2015-11-12
at 17:40 by 入江 萌乃


Categories: 日記

Comments: No comments


Raspberry Pi + GPSでNTPサーバー

どうも、萌乃です。
Raspberry PiとGPSモジュールを組み合わせてNTPサーバーを構築してみました。
GPSからの信号を利用することでUTCに対して数百ナノ秒の精度で時刻を保持できます。
以前から高精度の時刻保持は研究していたのですが、Raspberry Piを使うとわりと簡単に作れるので良いなと思う次第です。

■もくじ

1:材料
2:raspbianの設定
3:ひとまずGPSモジュールからのデータを見てみる
4:PPSの確認
3:カーネルのリビルド
4:NTPのビルド
5:うるう秒への対応
6:NTPの設定(gpsd編)
7:NTPの設定(ntpd編)
8:Raspberry Pi自体の設定
9:ちなみに

■材料

・Raspberry Pi B+
おなじみのrpiです。秋月電子で購入。

・4GB以上のmicroSDカード
これはお好みで。
4GBだとカーネルリビルド時にギリギリだったので、8GB以上が良いかもしれません。

・U-blox NEO-6M GPSモジュール
aitendoで購入(http://www.aitendo.com/product/10255
アンテナも付属していますので窓際ならこれだけで受信環境が揃います。

動作電圧3-5v、信号がTTLレベルで出て使いやすいですが、PPSがLEDに接続されているので
3番ピンにリード線をハンダ付けして信号が取り出せるようにしておきます。

gps

こんな感じで。
ピンヘッダを付けておくと便利です。

・GPSアクティブアンテナ
aitendoで購入(http://www.aitendo.com/product/2421
ベランダにアンテナを出したかったので購入。
上記アクティブアンテナの場合、モジュール側がU.FL、アンテナ側がMMCXなので変換する必要があります。

case

自分はケースを加工して搭載できるようにしました。

■raspbianの設定

今回はrpi標準のraspbianを使っています。(2014/12/24版で動作確認しています)
http://www.raspberrypi.org/downloads/からシステムイメージを入手してmicroSDに書き込んでおいてください。

キーボードやロケールなど初期設定はお好みで
apt-get update
apt-get upgrade
rpi-update

で内容を最新にしておきます。

GPSモジュールはrpiのttyAMA0に接続することになります。
標準ではttyAMA0でシリアルコンソールが使えるようになっているため、これを無効にします。

/boot/cmdline.txtからconsole=ttyAMA0,115200 の部分を削除
/etc/inittabのT0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyAMA0 115200 vt100 の行を無効に
sudo insserv -r triggerhappyでtriggerhappyを無効に

他の用途でもrpiを使うなら最低限このくらいですが、自分のようにntp専用にしたいなら
サウンド関連は無効にしても良いかもしれません。
/etc/modulesにsnd-bcm2835がいます。

ここまでやったら一度シャットダウンしてGPSモジュールを接続。

connect

自分はこんな感じに入力しています。
電源投入後、GPSを捕捉するとPPS LEDが点滅します。

■ひとまずGPSモジュールからのデータを見てみる

PPSは一旦置いておいて、GPSモジュールから出てるデータを見てみます。

NMEAデータを管理するgpsdとクライアントをインストール
sudo apt-get install gpsd gpsd-clients

今のところはgpsdを自動起動せずに手動で立ち上げます。
理由は後述。
sudo gpsd /dev/ttyAMA0 -n -F /var/run/gpsd.sock
cgps -sするとGPSの捕捉状況が見られます。

cgps

こんな感じに
衛星が3つか4つ以上捕捉できていると3D FIXできますが、
時刻同期だけなら多分もっと少なくてもいいです。

余談として、gpsdを経由すれば簡単にPPSに同期したGPSロガーも作れそうですね。
実用に耐えうるかはともかく、そのうち作ってみます。

■PPSの設定

※2014/12/24公開のraspbianカーネルは標準でPPSに対応しています。

PPSの信号が利用できるようにします。

sudo apt-get install pps-tools
でppsツールをインストール後、
/boot/cmdline.txtの行末に
bcm2708.pps_gpio_pin=18 を追加(ピン番号は環境で変更してください)、

/etc/modulesに
pps-gpio
を追加します。

再起動後、
sudo ppstest /dev/pps0
でppsが拾えているか確認。

pps

延々表示し続けるのでCtrl+Cで止めます。

■カーネルのリビルド

※2014/12/24公開のraspbianカーネルは標準でPPSに対応しています。
カーネルリビルドしなくても数マイクロ秒の精度は出ます。

ナノ秒オーダーの精度を出すにはdyntickが邪魔になるので、tickの方法を変更してカーネルをリビルドします。

必要なものをインストール。
apt-get install wget git libncurses5-dev bc screen

今動いているカーネルコンフィグを取得するとき、sudoでもエラーが出たのでrootログインできるようにしておきます。
sudo passwd rootでパスワード作成。
再起動しrootでログインして作業再開。

mkdir pps
cd pps
git clone --depth 1 git://github.com/raspberrypi/linux.git
cd linux
zcat /proc/config.gz > .config ←今動いているカーネルコンフィグを保存、ここでsudoだとエラーが出ました
make menuconfig

カーネルメニューにて、まずは現在の設定をロードします。
最下部のloadから.configをロード。

PPSとtick周りの設定をします。
Device Drivers → PPS supportでPPS supportを有効に(Y)、
PPS kernel consumer supportとPPS client using GPIOも有効にしておきます。

メニューのトップに戻って、
General setup → Timers subsystemと入り
Old Idle dynticks configを無効、
High Resolution Timer Supportを有効に。
その後Timer tick handlingを有効にすると別画面に遷移するので
Periodic timer ticksを選択します。

ここまで終わったら再度メニューのトップに戻り、
saveから.configへ再度書き込みます。

私はこれをやり忘れて1日無駄にしました…

さてビルドします。
make
make modules_install

makeに10時間くらいかかります。
ext4のジャーナル破損が起こることがありますが、その際にはmicroSDの故障ないし相性なので
別のカードに変えてみてください。

カーネルイメージ化します。
git clone --depth 1 git://github.com/raspberrypi/tools.git
cd tools/mkimage/
./imagetool-uncompressed.py ../../linux/arch/arm/boot/zImage

これでkernel.imgが出来上がります。

rpiにカーネルをインストールし、起動カーネルを変更します。
mv kernel.img /boot/kernel_tick.img
/boot/config.txtに
kernel=kernel_tick.img
を追記します。

再起動すると作成したカーネルで起動します。

■NTPのビルド

標準でインストールされているntpはPPSに対応していないので、ソースからビルドします。
sudo打つのが面倒だったのでrootでログインしています。

mkdir ntp
cd ntp
apt-get install libcap-dev
wget http://archive.ntp.org/ntp4/ntp-4.2.8.tar.gz

1/31時点ではntp-4.2.8p1-RC2.tar.gzが最新です。
必要に応じてhttp://archive.ntp.org/ntp4/を確認してください。

tar xvfz ntp-4.2.8.tar.gz
cd ntp-4.2.8
./configure
--enable-ATOMはなくても対応するようです。
--enable-linuxcaps含めて入れたほうが精神衛生上良さそうな気がします。

make
make install

これで/usr/local/bin/と/usr/local/sbin/にバイナリが生成されます。

このバイナリを今まで動いていたntpと入れ替えます。
/etc/init.d/ntp stop
cp /usr/local/bin/ntp* /usr/bin/ && cp /usr/local/sbin/ntp* /usr/sbin/
/etc/init.d/ntp start

この方法だと、今までのからntp.confや起動スクリプトが流用できるので便利です。

■うるう秒への対応

今年の7/1にうるう秒の挿入があります。
GPSから送られる情報の中にうるう秒がいつプラス、マイナスされるかがありますので、
本来であればその情報だけで対応できます。
しかし、GPSからのその情報を使うかはクライアントごとにまちまちなので、別のアプローチで対応しておきます。

アメリカのNISTでうるう秒のリストが公開されていますのでそちらを使います。
ftp://time.nist.gov/pub/leap-seconds.list
(実体のファイルはleap-seconds.3629404800ですが、leap-seconds.listでシンボリックリンクされているようです)

cd ~
wget ftp://time.nist.gov/pub/leap-seconds.list
sudo cp leap-seconds.list /etc/

/etc/はntp.confと同じところに置きたいと思ったからなので、コピー先はお好みで。

/etc/ntp.confの中に
leapfile /etc/leap-seconds.list
を追記します。
ntpdを再起動すると適用されます。

ここからNTPの設定に入りますが、NMEAのデータgpsd経由で送るか、ntpdで直接管理するかによって設定が異なります。
gpsdを経由せずにntpdで直接管理したほうが精度が良いですが、他のソフトから扱えなくなります。

■NTPの設定(gpsd編)

NMEAデータをロギングしたいなど、他にも使う際にはこちらです。
共有メモリを経由するので、NMEA側のジッターが大きめな気がします。

まずはgpsdの自動起動を設定します。
sudo dpkg-reconfigure gpsdから出てくるメニューで
自動起動をオン、参照ポートを/dev/ttyAMA0、ソケットを/var/run/gpsd.sock(標準)に。

/etc/ntp.confの現在のserver行をコメントアウトしてから、下記設定を投入します。
server 127.127.22.0 maxpoll 4
fudge 127.127.22.0 flag3 1 refid PPS
server 127.127.28.0 maxpoll 4 prefer
fudge 127.127.28.0 time1 0.141 refid GPS

他の設定はお好みで。

time1はPPSに対するNMEAの遅延時間で、単位は秒です。
私の環境では141ミリ秒くらいでしたが、一旦0で動かしてオフセットを見ながら適宜調整したほうがいいかもしれません。

この設定で動かすと、下のようになります。

gpsd

■NTPの設定(ntpd編)

私のようにNTP専用機にするぜ!という人はこちらです。
ntpdが直接NMEAデータをつかむので安定しますが、他で使えません。

/etc/udev/rules.d/10.pps.rulesというファイルを作成します。
内容は以下2行

KERNEL=="ttyAMA0", SYMLINK+="gps0"
KERNEL=="pps0", OWNER="root", GROUP="dialout", MODE="0660", SYMLINK+="gpspps0"

ntpdはユーザー”ntp”で動作するので、ユーザー”ntp”をdialoutグループに追加しておきます(標準ではグループに属していません)。
sudo usermod -G dialout ntp

再起動すると/dev/gps0と/dev/gpspps0という2つのデバイスができます。
このデバイスをntpdで読んでいきます。

/etc/ntp.confの現在のserver行をコメントアウトしてから、下記設定を投入します。
server 127.127.20.0 mode 17 maxpoll 4 prefer
fudge 127.127.20.0 flag1 1 flag3 1 refid GPS

flag1はPPSを処理するかのフラグ、flag3はPPSの管理をntpdでするかカーネルでするか(0がntpd、1がカーネル)のフラグです。
あと、入れなくても精度は出ますが気になる方はtime2も入れてください。
time2はPPSに対するNMEAの遅延時間で、単位は秒です。

この設定で動かすと、下のようになります。

ntpd

■Raspberry Pi自体の設定

上記でGPSモジュールを参照してntpdが動作するようになりました。
より時刻精度を出したい、参照時の精度を出したいといった場合には下記設定をすると良いでしょう。

・CPU周波数の固定
rpiのCPU周波数は、アイドル時には低く負荷がかかると高くなります。
周波数変動時の遅延が時刻に影響をするので、それを固定します。
raspi-configでオーバークロックをするとリセットされてしまうので注意。

sudo echo performance > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_governor

・シリアルのレイテンシ設定
シリアル(NMEA)はオフセット指定できるので標準のままでも問題ないのですが、
レイテンシを低減しておくとなお良いかと思います。

sudo apt-get install setserial
setserial /dev/ttyAMA0 low_latency

この設定を入れる前後で遅延時間がいくぶん変化しますので、必要に応じてntp.confに修正を加えてください。

・LANコントローラーの設定
rpiに搭載されているLANコントローラーはSMSC9512というもので、USBハブと一緒になっています。
ターボモードというものがあり複数のパケットを同時送出できますが、カーネルクラッシュの危険性がありますので
無効にしたほうが良いのかも。

/boot/cmdline.txtに下記設定を入れます。
smsc95xx.turbo_mode=0
ppsの設定が行末になるように注意してください。

・メモリの設定
rpiに搭載のメモリにはリフレッシュレート調整の機能がありますが、調整時にはポーズがかかって影響が出ますので無効にします。
メモリの温度によって調整しているみたいですね。

/boot/cmdline.txtに下記設定を入れます。
disable_pvt=1
ppsの設定が行末になるように注意してください。

■ちなみに

自宅で運用しているrpiのオフセット値などをmuninで収集して公開しています。
http://ns.lowfreq.info/munin/pintp/pintp/
このくらいの精度が出る、という参考にしてもらえれば。
プラグインの一部は自作したものですが、これについては別の機会に公開します。

Posted: 2015-01-31
at 17:00 by 入江 萌乃


Categories: サーバー,技術メモ

Comments: 2 comments


おしらせ

どうも、萌乃さんです
少し先のことになるのですがお知らせです

年明け以降、準備でき次第webサーバーの切り替えを行います
具体的にはWindows 2012R2 Hyper-VでVMとしての運用にし、物理的なサーバーを統合します
現在同様のデータ信頼性を確保するため、VMのデータ保管先HDDはRAID1構成にし、
定期バックアップは別コントローラー、別ディスク上に作成します
将来的にはメイン領域をSSDのRAID1構成とすることも検討しています

VMでの運用に切り替えるのと同時に、OSのバージョンを変更します。
現在はテスト中の新物理サーバーVM上でCentOS7のテストを実施中です

切り替え時期固まりましたらまたお知らせします

Posted: 2014-12-03
at 2:42 by 入江 萌乃


Categories: サーバー

Comments: No comments


雑文

どうも、萌乃さんです。
前回からわりと色々あって追われてました

ざっくばらんに列記してみます
下にいくほど最近の話

■場所移動しました
サーバー設置してるラックを回線に近いところに移動したり
机の至近から離れたので熱問題的にもちょっと改善
工事の際に頂いた5mの室内ファイバーが半分巻いてます

■フレッツ・セッションプラス契約しました
今まではPPPoEまわりで何か実験するたびにぷららのセッションを切ってましたが、
わざわざ処理するのが面倒なのでセッション追加なんぞを(324円/月)
でもすぐ常時使うセッションができてしまい個人的にはげんなり
下に書きますがぷららのPPPoE IPv6を使うとセッション1つ消費してしまうんですね

■ファイルサーバーのOSを入れ替えました
さようならWindows7、こんにちはWindowsServer2012R2
さすがサーバー用OSだけあって余計な機能が全く入ってないです
インストール直後はオーディオサービスも無効になってるくらい
Hyper-Vが使えるようになったのでさっそくそちらに移行
さようならVMware Server

■WindowsXPを駆逐しました
サポート切れてからもだらだら使っていたXPをついにWindows7へ変更しました
自宅環境から実家の端末、各サーバーまで含めてXPで動いてるのはないはず
しかしXPリリースされてから10年以上ですか、すげえなぁ

■HEのIPv6から脱却しました
今までサーバー群のIPv6は無料トンネルサービスのHEを使ってたんですが、
無料サービスに頼るのもなーと思って一旦削除しました。
DNSのaaaaが消えてたのもその理由
実験用にアカウントは残していますけど
サーバーには後に別の振り方をして大失敗しました

■自宅用ルーターを変更しました
バッファローのWZR-1750DHPを使っていたのをNECのWG1400HPへ変更
バッファローのもIPv4性能は良いのですがIPv6パススルーの性能がよろしくなく、
UPnP(VoIPアダプタで使ってる)の不安定さが目立ったので
これはそのうちまとめて使用感書きます
WG1400HPにはPPPoE IPv6トンネルアダプタ機能がありそれを使いたかったのも一理

■ぷららのPPPoE IPv6使ってみました→使わなくなりました
出オチ
前述のWG1400HPについてるトンネルアダプタ機能を使って接続してみました
クライアントの接続には特に問題出なさそうですが、サーバー公開には実用的ではないみたい
端末側に広告されるアドレスはぷららからのもので、インターネットに出るときはそのまま流し、
NGN側にアクセスする際にはルーター内でアドレス変換しているようです
さすがのNECなので速度のボトルネックはなし
ただし、そもそもぷららのPPPoE IPv6がアドレス非固定付与なので変わる可能性があること、
使ってるDNSサーバーにIPv6のDDNS機能がない(というかIPv6 DDNSなんて本来不要な気がする)、
といった理由で自宅環境で使うのは断念

■iPhone5Sガラス割りました
5月に契約したiPhone5S(docomo)を落として背面のガラスがお亡くなりに
前面には液晶保護ガラスを1枚入れていましたがそちらも粉々になり大打撃
docomoのケータイ補償サービスで交換して頂くこととなりました
入っててよかった保証、これも近いうちにまとめます

■Windows8.1タブレット買いました
瞬間風速的に話題になったvoyo A1 miniを
国内扱い品ではなくてebay購入ですが
中国のセラーから買ったはずなのにオランダから届いたり、
OSがUK版だったりIEのスタートページがhao123だったり
ACアダプタ繋ぐとタッチパネルが盛大にバグったりしましたが小さい本体なのは良いことです

■コミケがありました
いつもどおり友人のサークルの売り子へ
朝にカーペットに飲み物こぼして落ち込んでいましたが朝ごはん食べたら戻りました
単純

■コンタクトレンズを作ったりしてました
人伝のお仕事でHMDを扱うことになり、メガネだと不便ということでコンタクトを作りました
左右で視力が全然違う+両目ともひどい乱視という絶望的な状況ですが度数が合って一安心
聞く話メガネよりコンタクトのほうが矯正しやすいそうです

■コミックトレジャー行ってきました
初大阪イベント参戦ということで大阪へ、食い倒れておりました
大阪には幾度となく行っていますがコテコテな旅行をしたのは始めてかもしれない
イベント自体も熱気あり、他地域のイベントは空気が違って楽しい

■nuro触ってきました
so-netの下り2Gbps回線ことnuroを体験してきました
最終的な接続が1GbEのLANなのでそこでのボトルネックがありますが、
下り900Mbps、上り850Mbpsくらい出てて越を抜かしそうになる
自宅が敷設条件に合わないのが悔やまれます

■Qit契約しました
前述のPPPoE IPv6に叩きのめされたのでIPoE IPv6でアドレスもらうべくQitを契約
v4の環境でもフレッツネクストハイスピードの上限一杯出て思わず笑いが
IPoE IPv6は要は今までのNGNのつなぎ方でインターネットまで出られるよ!ということなので追加の設定なし
付与アドレスも機材変更ない限りは固定なので都合が良い
これでサーバー系も晴れて再度IPv6対応と相成りました
アドレスはaaaaレコード見てね

雑ですがこんな感じです
仕事まわりは省略
そのうち補足したりします

Posted: 2014-10-03
at 17:27 by 入江 萌乃


Categories: サーバー,日記

Comments: No comments


久しぶりのにっき

どうも、お久しぶりです
萌乃さんです

twitterでは日々アホみたいなこと書いていましたが、こっちはなんだか1年ぶりらしいです
とりあえず告知、来週6/24の午前中にサーバーの場所を移します
ので、その間何時間か繋がりません
ご注意ください

今自分の机の左側にサーバー等置いてるラックがあるのですが、どうしてもファンの音が気になってしまうのと、
ひとつところに重量物をまとめてしまっているので床の耐荷重が心配なのとで
早めに対処することにしました

それに合わせて家の荷物を減らそうとして箱を漁ったらまぁいらないものだらけなこと…
前にいつ使ったか全く分からないものがたくさん
物欲に任せた生活をしているとこうなりますよね!

そんな日々を送っております
コミケの当落も出た時期なので予定を立てたり休みを確保したり忙しくなりそうです

Posted: 2014-06-17
at 23:21 by 入江 萌乃


Categories: 日記

Comments: No comments


四方山話

 どうも、萌乃さんです
かんなり長いこと放置しておりました
別でやってることが多すぎて…

さて、こっそりファイルサーバーを入れ替えまして、仮想環境のお勉強なんぞを始めました
元々VMware Serverは利用しておりまして今回もソフト構成は変わっていないのですが、ハード側で搭載メモリ量に不満が出てきたのと、SATAポートが一つお亡くなりになったのでこの機会にということでえいやっと
AMDスキーなのでA8-5500でさっくり組んでみました
チップセットから生えてるSATAが8ポートあるのがありがたい
メモリは無駄に32GB、メインPCより多いってどういうことなの

AMDの今のCPUは発熱が大きいという話を聞いた上での突貫でしたが、実際発熱は大きいです
IntelのHaswellがリテールクーラーでも何とかなるかなと思わせる発熱量に対して、Trinityはリテールという選択肢が出ない程度には熱いです
クーラーに制約があるケース使いたい人にはかんなりきついんじゃないかと
TDP65Wのものでもコレなので、100Wのだとどうなるんでしょうね

OSもWindows7に変更してみました
これはまぁ、元々がWindowsXP64bitなんていうレアにも程があるOSを使っていたので順当な進化な気がします
Win7のクライアント向けにはSMBの同時アクセス数に制限がかかっているので、それだけ変更してあげれば他の使い勝手は同じです
このへんの具体的な設定はまたの機会にまとめます

そんな感じの
生存報告でした

Posted: 2013-06-27
at 8:14 by 入江 萌乃


Categories: 日記

Comments: No comments


分散鯖を立てる話

どうも、ボケボケしてたら何ヶ月か経っておりました

さて、最近はそうでもないのですが、イベント時期になると実は結構アクセス数が増えるうちのサーバー、転送量の問題が出そうなのでサーバーを増やすことにしました
とはいえ、完全に分散するほどの知識も持ち合わせてないので一部サイズの大きいファイルを別のサーバーにおいてメインを守ろう、という試みです

概要としては、西日本と東日本に各1台サーバーを置いて、サイズの大きいファイルをそちらからも転送させます
ファイルへのアクセスはユーザーに選ばせるのではなく、メインサーバーへのアクセスを勝手に振り分けて対応します
今のところは技術不足のためユーザーからの経路を考慮した振り分けはできないので、東日本ユーザーに対して西日本からデータを送る、ということもありえます

あくまでもメインサーバーの負荷分散ということで、そのへんの実装が済むまではご承知置きください

簡単にご報告だけ
実運用は3月に入ってからです

Posted: 2013-02-18
at 23:28 by 入江 萌乃


Categories: サーバー

Comments: No comments


« Older Entries    Newer Entries »