IPv4とIPv6どちらでのアクセスか表示

どうも、imo@入江です。
もっとIPv6が普及してくれればいいと思っています(突然)。

ということで、サイト右側のウィジェットに、IPv4、IPv6どちらでのアクセスか表示するようにしてみました。
取得できるリモートアドレス中に「:」があるかで判断しています。
あればIPv6、なければIPv4として表示。

IPv6でのアクセス環境について、
このサイトの回線はNTT東日本のフレッツですが、v6プラスの固定IPなので
IPv4、IPv6含めてネットに出られるようになっています。
また、NTT東日本フレッツないしそのコラボ光からのアクセスだと、
網内折り返しでアクセスすることになるので双方のISPを通らず繋がることになると思います。
レイテンシや転送量の関係でもメリットが大きいです。

本当は西日本のフレッツからもNGN網内接続できればいいのですが、東西でNGNは繋がってないんですよね…
管轄も東西で分かれているので仕方ないですが、NGNの相互接続されることを願っております。

そんな感じで、変なことをしてみました。
自分のネット環境がIPv6でネットに出られているかの確認にも使ってください。

Posted: 2018-12-27
at 14:09 by 入江 萌乃


Categories: サーバー,技術メモ

Comments: No comments



 

Leave a Reply