超主観ルーターカタログその3

 どうも、萌乃さんです
横で設定してるノートPCのアップデートが終わりません
どうしたもんだか

さて誰得ルーターカタログ3回目です
魔窟、いわゆる「おっと ネットワーク専門店」に行き始めたあたりから暴走してきました
ちょどサーバーのリプレースを行った前後だったので、なおのことルーターの性能を気にするようになってました

ではどうぞ
見たくない人はこのへんでもどうぞ→

07:YAMAHA RT57i→メーカーページ
当時使ってたVoIPアダプタが原因不明のフリーズを繰り返してたので、ルーターにまとめるべく購入
ぷららフォンのSIPは設定候補に出なかったけど、自前でサーバーアドレスとか指定してすんなり接続
通常利用では特に問題なかったのですが、セッション数的な意味で大変なことになってました
具体的に言うと、BitCometみたくなNAPTセッションを大量消費するアプリを使うと即死します

中身はRISCチップを中心とした独自チップのオンパレード
発熱もそこまで大きくなく、みょんなことをしなければ最高に使い勝手のいいルーターです

08:YAMAHA RTX1000→メーカーページ
上のRT57iと同時に買ったルーター
業務向けルーターの実力はどんなもんじゃろ?と思い購入
上のと2台で4万弱でした
内部はMSP2000らしい、という話ですが結局分解はせず
動作は全く不満なし
結局使いませんでしたが、UPnPにも対応してて機能的には十分
ただ、IX2015を使ってる今と比べると微妙にレスポンスが遅い感じがします

あと、超個人的にはポートは前面に欲しかったなと

09:NEC IP38X/57i→メーカーページ
上の2台を買った1ヵ月後に、実家に使おうとして買ったルーター
RT57iのOEM品です
ファームも全く変わらないので、性能差はなし

加入電話とIP電話の共存設定が面倒なので結局使わず、動作確認だけして売り飛ばしました

そんな感じの
次回はどうしても使いたかったルーターが登場します

Posted: 2010-01-31
at 17:02 by 入江 萌乃


Categories: 雑記

Comments: No comments